ブランクがある看護師さんの再就職の理由は?【履歴書の書き方】

看護師は国家資格であり、圧倒的に女性が多い職種です。
そんな看護師は、結婚しても出産しても働き続ける人が多い仕事でもあります。

 

出産のために仕事を辞めていた人が、ブランクの後で再就職することはめずらしくありません。
ブランクの後に再就職するきっかけとはどんなことがあるのでしょうか?

 

ここでは、看護師としてブランクの後に再就職した人の体験談をご紹介しましょう。

 

女性私は結婚後しばらく専業主婦をした後で、3年のブランクを経て再就職しました。
今の職場ではブランクがあって再就職している人が多いのですが、これまでにどんな経験をしてきたかとかは関係なく、研修期間を経て仕事に入りました。
再就職するときはとても不安がつきまといますが、気にせず一生懸命頑張れば成果はついてきます。
勤務する病院にもよりますが、ブランクのある看護師に対しての研修などをしてもらえる病院なら安心です。
【30代女性】

 

この看護師さんは専業主婦を3年やった後に再就職をしたようですが、
看護師として働いてきて、3年専業主婦をしたらやはり仕事をしたくなったのかもしれませんね。
せっかく看護師の資格を持っているのだから、もったいないですもんね。
良い病院が見つかってよかったです。

 

女性3人の子供を出産して育児をしてきて、15年ぶりに看護師として再就職しました。
知識、技術、そして体力的にも不安でしたが、時間や日数などの条件を聞いてもらえたので思い切って決めました。
総合病院の外来勤務ですが、初日であまりの忙しさと覚えることの多さにビックリしました。
知識や技術のギャップもあり、本当に仕事は大変で周りの看護師さんたちに支えられて、なんとか続けています。
もともとのんびりした性格なので、言われたことはこなせても救急時は慌ててしまいます。
自分に看護師は合っていないのではないか、と思いながら続けています。
【40代女性】

 

15年のブランクの後に再就職した看護師さんは、子供さんの手が離れてきたのでもう一度働きたいと思ったのでしょう。
時間や日数なども考慮してもらえるとなったら、子供さんのことも見ながらでも働きやすいですよね。
でも、やはり仕事はとても厳しいようですね。
無理せずに頑張って欲しいと思います。

 

 

ブランクのある看護師の人が履歴書のアピール欄に記入することとしては、
ブランクが空いた理由をできるだけわかりやすく、適度にまとめて書くようにします。
理由が記入されているのと記入されていないのでは、結果に大きく影響します。

 

志望動機も履歴書のアピール欄に記入することですので、
たとえネガティブな気持ちがあったとしても、自分のポジティブな意見をまとめて書くようにしましょう。
ただ、マニュアル本などに出ているような志望動機を丸写しすることだけはやめましょう。

◆看護師さんの体験談はこちらからご投稿下さい!

再就職求人サイト☆人気ランキング第一位


ランキング第一位NJBナース人材バンク

ポイント

トップクラスの紹介実績
NJBナース人材バンク
キャンペーン情報

NJBナース人材バンクは、
看護師さんから絶大な支持を得ている大人気サイトです。
実績ナンバーワンの理由はやっぱり
「プレミア非公開求人」の膨大な掲載数
再就職成功の鍵は自分の希望条件を明確にして妥協せずに求人を探すこと
ですから、それなりに根気と手間隙がかかります。
そこでナースバンクでは、プロのキャリアコンサルタントが
面接指導から面接同行、条件交渉まで全て代行
忙しい方も、再就職に不安を抱える方もスムーズに入職が出来ます♪
もちろんお悩み相談もOK。

Pマークも取得しているため、 プライバシー保護の観点からも安心のサイトです。

詳細はこちらから

募集地域 全国
利用料 完全無料
特徴 紹介実績ナンバーワン!