再就職☆介護の仕事から看護師へ

 

Question1

女性悩みに悩んで、30代から看護師となって頑張っておられる方々の意見も参考にしたいと思い、
トピック立たせていただきます。

 

これまでは介護の仕事で、対象者は主に認知症高齢者でした。
「認知症患者の看護がしたい!認知症患者に近い看護師になる!」
と決めて、28歳から看護学校へ。
32歳で病棟デビュー。
現場は認知症治療病棟です。

 

でも、ここからが私の中で納得のいかない日々…
患者様はいいんです。相手はもちろん認知症の方々。いろんなことがあります。
ただ、職員の対応や社風がどうも私には合わないみたいで、
「えぇ?!」「うそ!?」というようなことばかり…。日々、心折れてます…。

 

奨学金の関係もあり、任期は3年。
やっと「来年まで…」と言える段階にきました。
他の病院への再就職を今から考えてるのですが、大きな迷いがあります。

 

看護師になるまでに就職経験のある病院(48床×2病棟)から、
「ぜひ来て欲しい」と声をかけてもらえてるとの事。
姉が介護職で働いており、姉は「介護職時代の働きを評価されてのことで、
看護部長や理事長までがそんなことを言ってくれてる。
スタッフも『介護経験があるからこそ来て欲しい。また一緒に働きたい』と言われてるよ。」
と教えてくれました。

 

翌日、偶然にも看護学校の先生にばったり出会い、近況と心情を報告。
来年の進路についても話してみました。
「3年は大きな病院、一般の病棟で働いて、自身の持てる技術を身に付けるべき。
貴方ならまだ34歳からのスタートでも出来る。小さな病院ほど、
そういった看護技術を学べる機会は小さい。経験・自信をつけてから
その病院に行く方がいいんじゃないかな。」

 

働きなれた環境、スタッフのいるA病院。

 

規模の大きい未知の世界のB病院。

 

看護師としてのこれまでの2年間は、技術や経験の積み重ねはなく、
習得できたものといえば…。思いつきません。
反対に「人ってこんなことを思って働いてるんだ」「こんな風に患者さんに対応する人いるんだ」
「こんな介護・看護ってあるんだ」「仕事なのに…」と、違った意味での新発見…。
私の介護経験も活かせないなぁ…と思う日々、環境。

 

これから看護師としてまだまだ働いていくのだから、確かな技術、自信は必要ですよね。
A病院でも技術や知識は学べないことはないんです。
ちなみに姉は「34歳からまた、B病院みたいな大きいところで1から人間関係築いて、
しんどい思いする必要ないんじゃない?だったらA病院ならスタッフも知ってるし、慣れてるし、
思うように働きやすいし、技術も学べる環境やし。もう少し自分に甘くしてもいいんじゃない?」
とアドバイス。

 

自分でも考えすぎて、先がまったく見えず、考えられず…。

 

長々しく相談させていただきましたが、30代から同じようなスタートラインを切った
みなさんのアドバイスも聞いてみたいです。
【30代女性】

 

Answer

女性30過ぎてから看護学校に入学し、4月から3年になります。
(現役看護師でなくてすみません…でもこれも何かの御縁^^)

 

文章を読んでいて思い出したことがあります。
看護学校に入学して最初のオリで先生がおっしゃった言葉。
“介護を経験してきた方もいるでしょうが、今までのやり方などはすべて忘れて、看護を勉強してみてください。”

 

同級生にも介護職経験者はたくさんいます。
時折見られるのが、自分のこれまでのやり方に固執する方。
看護と介護は違うし、介護職に何かしら納得できないものがあって、ここへきたのであろうに、
看護の視点からのやり方に否定的というか。

 

私も先生の言う、“3年は大きな病院、一般の病棟で”に賛成です。
もし、これまでの2年で学んだといえるような技術などがない、とおっしゃるのであれば、
それはまさしく社風やその病院自体が、新卒で入るには適していなかったのかもしれませんね。

 

認知症看護に2年間、ずっといらしたのでしょうか?
通常、大きな病院ですと、最初の1・2年はいろんな科を回って、その中で自分の進みたい、
やってみたい分野への希望へ配属になるところもあります。
これがよく言われる、「最初の三年は大きな病院で、基本的な技術・知識を身につける」
ということだと思っています。

 

これまでの経験をかわれて認知症病棟へいかれたのかもしれませんが、
あえて3年は他の科にいったほうがよかったのかもしれませんね。

 

お姉さんの言う、「34歳からまた、B病院みたいな大きいところで1から人間関係築いて、
しんどい思いする必要ないんじゃない?だったらA病院ならスタッフも知ってるし、慣れてるし、
思うように働きやすいし、技術も学べる環境やし。もう少し自分に甘くしてもいいんじゃない?」
には、申し訳ありませんが、同調しかねます。
それは介護の人からの視点であって、以前勤めていたその病院へ行けば、
働くのは楽でしょうが、看護師としての成長はもうないと思いますよ。

 

34歳なんて私より少し年下ですよ!
自分の看護師としての成長や経験、可能性を広げるにはまだまだ若輩ではないでしょうか

 

Answer

女性こんばんは!私も介護職を経て看護師になり、現在混合病棟で働いてる者です。
私の場合は学生期間中にアルバイトしていた精神病院で奨学金者も借りていたため、
その病院に就職するつもりでしたが、やはり大きい規模の一般病院で働いたほうが
今後の経験になると思い、借りていた奨学金を学生期間中に返済して今の病院に至ります。

 

多科のため本当に大変ですが今はよかったと思っています!
介護の考えは捨てたほうが良いと私も学校で先生から言われましたが、
すべて捨てるのではなくうまく使いこなしていけば看護にもいかせると思います。
生意気なことを言ってすみません。でも応援しています!頑張ってください!

 

Answer

女性お悩み、良くわかります。

 

私も38歳で看護師デビューし、高齢者看護がやりたかったので、そちらの病院に就職しました。
その時は、年齢も高いし、回り道をするよりもやりたい分野にすぐに進む方が良いと考えたのです。
ですが、私もすぐに?いっぱいになり、基礎をしっかり身につけることが、
年齢が高いからこそ必要(定年までの時間が短いぶん、質の高い仕事をしたかったので)
だと気付き、 1年半で規模の大きい総合病院に移りました。
8年経ちますが、私はあの時の判断は正解だったと思っています。

 

移ったばかりのときは新卒同様の扱いになるので、一時的に苦しいですが、
先を考えれば、私も前にコメントされているお二人と同じように、
看護師として納得のいく仕事をするためにも必要な過程だと思います。

 

世の中、高齢化社会で、総合病院にも高齢の患者さんは増えていますし、
認知症の患者さんもいらっしゃいます。
独居でこれからの生活を考える必要のある方も大勢いらっしゃいます。
活躍の場はたくさんあると思いますよ。

 

また、看護の視点からの高齢者看護をしっかりと身につけておけば、
もし将来、老年看護の専門看護師や認知症の認定看護師を目指したいと考えた場合にも、
道が開けて行くと思います。

 

女性みなさん、ありがとうございます。
これまでの人生、アップダウンあり過ぎて、まさか、
30超えてから新しい職に就くとは思ってもいませんでした。
でも、だからこそ、真剣に勉強したい…そう思います。(今までも真剣でしたが…)
結局は自分の人生であって、選択も自分でしなくちゃいけないんですよね。
10年後に看護師として「看護師になってよかった!」
堂々とそう言える経験を積みたいと思います。
大きなところでの経験を積んでそれを活かして働きたい…。
みなさんのコメントを読んで、やはりそう思いました。
今すぐの退職は到底無理な現状なのですが、
来年には新たなスタートラインが切れるように今から準備していこうと思います。

◆看護師さんの体験談はこちらからご投稿下さい!

再就職求人サイト☆人気ランキング第一位


ランキング第一位NJBナース人材バンク

ポイント

トップクラスの紹介実績
NJBナース人材バンク
キャンペーン情報

NJBナース人材バンクは、
看護師さんから絶大な支持を得ている大人気サイトです。
実績ナンバーワンの理由はやっぱり
「プレミア非公開求人」の膨大な掲載数
再就職成功の鍵は自分の希望条件を明確にして妥協せずに求人を探すこと
ですから、それなりに根気と手間隙がかかります。
そこでナースバンクでは、プロのキャリアコンサルタントが
面接指導から面接同行、条件交渉まで全て代行
忙しい方も、再就職に不安を抱える方もスムーズに入職が出来ます♪
もちろんお悩み相談もOK。

Pマークも取得しているため、 プライバシー保護の観点からも安心のサイトです。

詳細はこちらから

募集地域 全国
利用料 完全無料
特徴 紹介実績ナンバーワン!